2016年10月16日日曜日

No.523 ご来社相談のお客様!

12月工事予定のお客様がご来社相談にお越しになりました!

エアコン設置箇所やブレーカーの増設など、ハウスメーカーさんとの兼ね合いも含めた詳細なご相談をさせて頂きました!

ハウスメーカーさんによっては、ハウスメーカーさん指定のエアコン設置位置では取り付けに無理があったり、とても効率が悪い場合が多々あります。

よくある事例として、

(1)
エアコンを設置する前に穴をあけてしまっている。

→どんなに効率が悪くても、その穴位置に合わせてエアコン室内機を取り付けなければなりません。

□---------------------------------------------->

(2)エアコンを設置するスペースがたりない。

→小さいサイズのエアコンを選定するか、十分スペースのある位置にエアコンを延長しなければなりません。

例. カーテンレールを取り付けすることを考えると、エアコンが設置できない、その逆もしかり。

□---------------------------------------------->

(3)コンセントの位置が不適切。

→コンセントを移動しなければなりません。

----------------------------------------------

(4)室外機を置く場所が狭すぎる。

→配管を延長して、室外機を設置できるところまで延長しなければなりません。

□---------------------------------------------->

一番理想なのは、図面が出来上がった段階でエアコンの設置位置などのご相談をして頂けますと、ハウスメーカーさんと協力して色々と工夫することができますので、失敗もなく効率的にエアコンを設置することが可能です。



0 件のコメント:

コメントを投稿