2018年5月21日月曜日

No.896 さいたま市 K様:『中吊りエアコン工事にご用心!!』

今日のメッセージ:「あなたは『ラジオ』のようなもの。周波数(波長)を高めていれば、安らげる音楽やあなたに必要な情報が飛び込んできます。」(江原啓之)
■=============================================================>>

お客様の声

今回はエアコン二台付けです。:)


最近頻繁に頂くお客様からのお問い合わせをご紹介いたします。

「都内狭小住宅の新築を買いました。ロープで体を吊りながらエアコン工事をする業者さんに見積もりに来て頂いたのですが、お家に傷をつけられそうで心配です。エアコン職人さんも狭小住宅では同じように工事をするのでしょうか。また、配管とか排水ホースを再利用するのって良くないのですか??」というご内容です。:)


A1. 弊社ではロープで体を吊るなどして工事を行うことは絶対にいたしません。


A2. 配管や排水ホースの再利用は時と場合によります。


「ご新築とお客様が安心して末永くエアコンをご使用できること」を一番に考えるのであれば、よほどのことがない限りそのような工事はあまりおすすめはいたしません。


A1 :そもそもエアコンはいつか必ず寿命で壊れる消耗品です。エアコンを交換する際、最初の業者さんと連絡が取れなかった場合、次に担当するエアコン業者さんが困ってしまうため、結局はお客様が困ってしまうことになるのです。
(※工事をしたエアコン業者さんと連絡が取れなくなってしまうケースがございますのでくれぐれもお気を付け下さい。)


また、初期不良や何かトラブルでメーカー依頼しなければならない場合、点検すらできないでしょう。それが赤ちゃんやお年寄りのいらっしゃる真夏だったらどうでしょうか。


本当にお客様の幸せを考えた工事をするのであれば、メーカーの方や他の業者さんでもメンテナンスや工事がやりやすいよう配慮して施工するのが「本物の工事」であると強く信じております。


お客様のライフスタイルやご新築に適った工事をするには、専門知識、技術、経験のすべてが揃って初めてできることなのです。楽器を本格的に習ったことのある人なら誰しも聞いたことがあると思いますが、「下手な人ほどテクニックに走る」ということわざがございます。


裏を返せば、体を吊らないとエアコン工事ができないということでもあります。


弊社ではお客様のライフスタイルやご新築に合わせて、エアコンの容量、設置場所、将来のエアコン交換までトータルに考えてご提案させて頂きますので安心してお任せ下さいませ。:)


A2:配管や排水ホースの再利用はできます。設備業界では常識です。


一般的にマンションやビルなどは壁内部にエアコン用の配管や排水ホースが組み込まれているため、何十年にも渡って再利用し続けます。


戸建はコスト面から外付けのエアコンが主流ですが、お家によっては外観を考慮してマンションのように隠ぺい式もございます。(時代によっては隠ぺい式が流行ったこともございます。)


最近注目された床下エアコンというものがございますが、このようなイレギュラーなエアコンでさえ配管等を再利用できるよう施工されています。


たとえば、お風呂の排水管の中ってご覧になったこと、ございますか?はい。驚愕するほど汚れています。


キッチンや洗面台の排水管の中は?おっしゃる通り、カビだらけです。


例を挙げたらきりがないですが、基本的に水の流れる場所は必ず汚れているものです。


けれど、リフォームの際に排水管が汚れているからといってわざわざ新しいものに交換する人って、よほどのことがない限りいないですよね?だって、もともと何十年も利用できるようになっているんですから。汚れたまま放置して、命に関わるようなら国やメーカーで法律や基準が設けられるはずです。


テレビのCMは汚い写真で不安を煽り購買意欲をかきたてる典型的な商業主義なのだそうです。以前、専門家の方とお話する機会がございましたが、その方いわく「掃除しても取り替えてもあまり意味ないです。すぐに元通りになります。」とおっしゃっておりました。。。確かに、冷静に考えてみればそうですよね。。。


エアコンの配管や排水ホースとて同じことです。配管が汚れているから、排水ホースの内部が汚れていて良くありませんから新しいものに交換しましょうというのは、少々短絡的ではないでしょうか。


弊社では、お家によっては将来のエアコン交換のことも考え、部材を再利用できるよう施工いたします。エアコン交換時は本体を交換するだけで済みますので安心です!:D

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


*** (1)2F LDK:縦おろし ***




2階に「室内機」

地上「室外機」
の配管縦下ろし工事となります。:)



外の配管ルートと柱を考慮して穴あけです。:)





*** 穴あけ ***


幾層にもなっている外壁は、エアコン工事で外とお部屋側をパテで埋めても通気層の空気がお部屋側の壁内部へと入って来てしまうことがございます。

参考写真

これが原因で壁内部で寒暖差ができ結露やカビが生じてしまうのです。



今回、すべての穴あけ箇所は新築専門エアコン職人オリジナル施工のウレタン仕上げですので気密・防水性は万全です!


参考写真


ゴキブリや水はおろか「風」すら通さない完全密閉です!


 
ダイキン:F56UTFXP-W (1)

ダイキン:F56UTFXP-W (2)








ガスメーターや雨水枡をさけて室外機を設置です。:)




- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


*** (2)3F 洋室:コンセント延長 ***



図面通りにのエアコン設置位置では取り付けに無理があったり、とても効率が悪い場合が多々ございます。


よくある事例として「エアコン専用コンセントの位置が不適切」なことが挙げられます。エアコンには必ず専用コンセントを使用しなければならないため、基本的には専用コンセントの位置に室内機を設置しなければなりません。

今回、図面通りに室内機を設置すると、間取りに対し非常に非効率なため、お客様から「なんとか室内機の設置場所を変えられないでしょうか。」というご相談を頂きました。


こちらがお客様ご希望の場所です。:)


コンセントがありませんが穴あけしてあります。




柱をギリッギリさけての穴あけです。:D




ダイキン:F56UTFXP-W (1)

そして完成です。:)


ダイキン:F56UTFXP-W (2)


「あれ?コンセントがある??」


ダイキン:F56UTFXP-W (3)

ダイキン:F56UTFXP-W (4)


そうなのです!既存のコンセントをお客様ご希望位置まで延長したのです。:)


もちろん、エアコン交換の際も同じコンセントを使用できます。:D


ダイキン:F56UTFXP-W (5)
 
ダイキン:F56UTFXP-W (6)

ダイキン:F56UTFXP-W (7)

ダイキン:F56UTFXP-W (8)


こちらが既存コンセントです。たとえどんなにエアコン効率や外観が悪くても、こちらに室内機を設置しなければなりませんでした。:(


ダイキン:F56UTFXP-W (9)


既存コンセントにはカバーをしてあります。:)




そのまま排水すると水浸しになったり水垢・コケ等付着してしまいますので、ベランダの構造、使用されている素材(防水シートなど)に合わせてポリ塩化ビニル管で排水処理しております!
参考写真
手作業で加工・設置しておりますので、ホースのものと比べ、耐久性・外観は抜群です!





□---------------------------------------------------------------------------------------■
*** 設置機種名 ***

2F LDK;​富士通:AS-R25F-W

3F 洋室A;ダイキン:F56UTFXP-W

*◇*◆*◇*◆*◇*◆**◇*◆*◇*◆*◇**◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆**◇*◆
*** この時期、エアコン購入をお考えのお客様へ ***
エアコン価格は7~8月頃が一番高く、反対に11~12月頃が最安値となります。
  
(→機種によっては定価の半額以下になります!:D)
新モデルに切り替わる1~3月頃は去年度モデルのエアコンがお買い得です!
夏の間はLDKなどの必要なお部屋だけに取り付けておき、あまり使用しないお部屋には秋から冬頃に取り付けするのが賢明です。
お客様の中には、安い時期にエアコンを購入しておき、お家の完成・引越しに合わせて取り付けする方もいらっしゃいます。
弊社ではエアコン無料保管サービスを承っております。ネット購入したエアコンを直接弊社に送って頂ければ工事当日まで大切にお預かりさせて頂きます。
(詳しくはこちら↓
☆::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:☆:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::☆
(*スティーブ・ジョブズはこんな名言を残しています。
「君が最良のモノをクリエイトしようとするなら、例えばもし君が大工で素晴らしいタンスを作ろうとしたら、良質の木を使うだろ?
たとえ外からは見えないからとは言え、『本物』を追求する人は背面にベニヤ板は使わないよね。」
これは私たちの「モットー」を代弁してくれています。
彼が言うように外からは見えないところにも耐久性の良い部材を使用し、ビス穴一つ一つ、コーキング処理を適切に施しておりますので安心してお任せ下さい。)
なにか疑問・ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせ下さい!
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
新築専門エアコン職人.comの名前や工事内容と似たエアコン業社さんがいらっしゃるようですが、弊社とは一切関係ございませんのでお気をつけ下さい。
(※弊社は支店・営業所・協力会社は持たず、見積もりから工事に至るまで100%有資格の正社員工事となります。
そのため、大変申し訳ございませんがエリアを限定させて頂いておりますのでご了承下さいませ。)
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●




[お問い合わせフォーム]



(1)『新築専門エアコン職人 』:

(2)『新築専門アンテナ職人 』:

TEL:042-391-2220

0 件のコメント:

コメントを投稿